私たちが歩んできた道


平成19年1月に宜野湾市内の青年会員と青年会OB有志により結成されました。

当初は市内のエイサーの歴史を調査し、本を作成することが目的でした。

会を結成後は市青年連合会や自治会のご協力を頂き、10代~80代までの各地域のエイサー経験者の方に話を伺いました。

調査を通じて収集した話や写真をもとに、「宜野湾市エイサー展」という展示会を不定期に行うなど、細々と活動を続けていました。

そして4年間の調査を終え、平成23年に「宜野湾市のエイサー~継承の歴史~」という市内のエイサーの歴史を綴った本を発刊しました。


発刊に際しての資金は「平成23年度宜野湾市地域づくり推進事業」を活用させて頂き、本の編集・校正には沖縄国際大学社会文化学科のOBが協力してくれました。

 

この頃からエイサーの歴史調査だけでなく、継続的な活動を通じて地域に還元したいという想いが芽生えました。


その一つとして平成26年には宜野湾市内のエイサーの風景を映像で残すべく、旧盆を中心にエイサーの映像撮影を行いました。

これからも微力ではありますが、地域に感謝の種を撒き続けたいです。

 

宜野湾市青年エイサー歴史調査会